木のおもちゃ屋MOMO店長の「あしただね。」

静岡の旅 熱海で昭和のローマへ!

1月16日、静岡駅の近くにある「百町森さん」を出て、

私たちは、宿泊希望のホテルの宿泊を携帯電話で予約しました。

 

そのホテルは、この本の表紙のホテル『ホテル ニューアカオ』です!

 

 

高崎の本屋さんREBEL BOOKSは、セレクトされた面白い本がたくさん!

そして、パパが『観光ホテル旅案内』甲斐 みのりさんの本を買いました。

甲斐みのりさんは、テレビ番組の「マツコの部屋」に出演していた通な方です。

 

私たちは家族で、25年くらい前に伊豆の「ハトヤホテル」に行ったことがあります。

その時、昭和の錆びたゴージャスを満喫し、不思議な思いが未だに残っています。

あれは、なんだったんだろう。夢か本当のことかわからなくなるような風景の体験の思い出なのです。

 

だからでしょうか、このホテルに誘われました。

熱海のホテル『ホテル ニューアカオ』に到着しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊豆の海にそそり立つ『ホテルニューアカオ』に1泊2日、ホテルの様子のお話です。

reddot10p.jpgのサムネイル画像ホテルにチェックイン

 

ホテルロビーフロアには大きなシャンデリア!

窓の外は海です。

 

 

昭和が、シャンデリアが、天井でピカピカ光っています。

 

reddot10p.jpgのサムネイル画像客室

 

部屋に入るとオーシャンビューです。

落ち着いた和室は、なんでもなくて居心地がいいです。

 

 

窓を開けると海です。

海の上に建っている様に感じます。

 

 

客室の誰かが、窓を開け、カモメにえさをあげたようです!

するとカモメが軍団になって、えさを欲しがり、次の餌はどの部屋からもらえるのか

客室の窓の前を旋回し始めました。

 

ちょっと怖かった。

ヒッチコックの「鳥」を思い出しました。

 

 

私たちはこんな感じで、いつもじゃない時間、

かもめを眺めて、ゆっくり部屋で過ごしました。

熱海っていいね。

 

 

reddot10p.jpgのサムネイル画像館内散歩 魔法の柄の扉

 

温泉の写真が撮れないのが残念です。

温泉がとても良かったです。古いローマ風呂という感じです。

温泉のお湯は透明で塩っぱくて、さらっとしていました。

お湯がとても良かったです。

 

温泉の帰りに館内を探検しました。

あの螺旋階段を降りてみようよ。

 

 

すると魔法の柄のような扉がありました。

大ホールの扉です。

 

この扉の向こうでパーティーを開くのでしょう。

窓の外の景色は海。

テーブル、椅子、インテリアが、昔のまんま。

私たちが結婚した30年前そのまんま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魔法の柄の扉の向こうでは

数え切れないお祝いのパーティーが開かれたという余韻を感じました。

 

 

reddot10p.jpgのサムネイル画像「ホテルニューアカオ」ローマ調大ホールの昭和の夜を満喫

 

高崎の本屋さんREBEL BOOKSで、パパが買った『観光ホテル旅案内』甲斐 みのりさんの本に、

この会場載っていました。

家で本を読んでこんなところが今の時代にあるの?」

「行ってみよう!」ということも旅のきっかけのひとつでした。

 

本当にありました。

昭和のゴージャスがそのまま!

 

 

椅子も、椅子の生地も、ソファーも、じゅうたんも!

時代に左右されずに維持と使用。ホテルの大きな努力です。

 

夕食のテーブルもほぼ満席のようでした。

今日の夕食メニューです。

 

 

お刺身盛り合わせです。

 

 

伊豆のお刺身は美味しです。

 

ステージのショーを楽しみながらの夕食でした。

ローマ風大ホールの昭和の夜を満喫しました。

 

 

朝食も同じ会場でした。

バイキングで、お魚のアジが食べ放題でした。

 

 

夕食では暗くて気づかないことがありました。

 

パパが「ねえねえ、見て。昨日の夜は気づかなかったけれど、お客さん昭和だね。」

満席の朝食会場のお客さんの多くが60代〜80代の方でした。

宿泊メンバーも昭和でした。私たちももちろん昭和ですが。

 

 

宿泊代は1人一泊2食付き¥15000くらいでした。

¥10000を切ってくれるといいのですが、レトロを維持は大切です。

 

1月中旬の平日に朝食会場は満席でした。

このホテルの働く人たちの努力が、昭和のゴージャスがそのまま健在の鍵があるのですね。

 

 

一冊の本で、熱海温泉の宿泊を楽しめました。

REBEL BOOKSさん知らないことの出会いをいつもありがとう!

また、私の20年後に、あれは夢だったのか?という空間体験の思い出となりそうです。

 

 

熱海の宿泊からもうすぐ1ヶ月が経ちます。

今頃、熱海は、空気、海の色が春めいていることでしょう。

また富士山を見ながら熱海に行きたいです。

 

百町森さん、富士山、熱海。

静岡の旅のお話でした。

 

 

MOMO  店長 もぎしづこ

 

| | 21:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









MOMO
心をそだてるおもちゃMOMO
〒370-0074
群馬県高崎市下小鳥町463-1
OPEN 11:00-18:00
CLOSE 火曜・第3水曜日
Tel&Fax: 027-362-3508
三角ホームページ
オンラインショップ
onlineshop
MOMOさんちのブログ
MOMOさんちのブログ
MOMO SNS
あたらしい投稿
カテゴリー
これまでのブログ
ブログ内検索